1998年3月に発売された『スバル インプレッサ 22B STi バージョン』は、当時WRCで3連覇を成し遂げたスバルのワークスマシン「インプレッサ WRC 97」をイメージし、ロードカーとして再現したスペシャルカーです。クーペボディをベースに、専用の前後大型フェンダーパネルと専用前後バンパーをハンドメイドで装着、280psを発揮する専用チューニングの2.2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載します。エクステリアパーツは全体がWRCのワークスマシンの意匠に統一され、足回りにもワークスマシンと同一ブランドのアイバッハ製サスペンションとビルシュタイン製ダンパーを装備するなど、ファンの心をくすぐる専用アイテムが贅沢に使用されています。価格は500万円と高価でしたが、限定数400台がわずか2日で完売するほどの人気を博しました。オートアートのモデルとしては2001年に発売、大ヒットとなったスバルの歴史に残る名車を、再度綿密な考証を重ね現在の技術で各部をブラッシュアップしモデル化しました。スペシャルカラーの世界1,500台限定モデル。全4色。
※画像は全てサンプルのため製品版とは異なる場合がございます。


、あらゆる種類のレザーをご用意して皆さまをお待ちしております。

激安人気新品 オートアート [AUTOart]【78604】1/18 (ブラック) バージョン STi 22B インプレッサ スバル-ミニカー・トイカー

私たちが普段から使う靴・カバン・衣料などの革製品。原皮からどのように製革されていくのか。みなさまのお手元に製品として届くまでの工程を簡単にご紹介します。